スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサスの要塞

バルサス

正月に大阪へ遊びに行ったときに入手したゲームブック「バルサスの要塞」
見つけたとこで4冊くらい売っててビックリ(あれほど探して見つからなかったのに)

火吹き山の魔法使いとの大きな違いは「魔法」の追加

効果も面白いものが多く、その中から自分で種類と回数を厳選していくところが
たまらない。

この魔法システムは前作をやってこそ驚きのあるシステムなので
未プレイだったらこの感動は味わえない・・・




妖怪写し ・・・対戦相手のコピーを作り出し戦わせ
        自分は高みの見物と洒落込む個人的に大好きな術
骨抜き  ・・・相手の攻撃力を下げる「ヘナトス」効果
愚者の黄金・・・魔法が第二の力だとしたら金は第三の力だ。
        大抵の交渉相手をだますことの出来る素敵な術
浮遊   ・・・落とし穴回避で重宝。他にも意外なところで必要だったりする
火炎   ・・・今のはメラではない・・・「火炎の術」だッ!!
目くらまし・・・「マヌーサ」効果
千里眼  ・・・相手が考えていることを読み取る。しかし聖徳太子ではないので
        複数人の思考が重なると正確に読み取ることができない
防御   ・・・やばそうな攻撃を避けたいときに使う「アストロン」効果
怪力   ・・・戦闘能力を一時的に高める「バイキルト」的効果に加え
        カギを入手し損ねたときに無理やりこじ開ける「アバカム」的効果も併せ持つ
開運   ・・・運を50%回復
技術回復 ・・・技術(攻撃力)を50%回復
体力回復 ・・・体力(HP)を50%回復



上記から自分のMP分、好きなものを好きな回数だけ習得できる
素敵システムだ!

例:MP8・・・妖怪写し:3 愚者の黄金:2 浮遊:1 千里眼:2

ちなみにこのゲームの主人公は魔法使いの弟子。
術の修行中、剣術をかじったり体力作りもしてたので

魔法もある程度使えるし、剣術も体力もそこそこいける
素敵設定だったり。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。