スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日見た夢

夢を見た。

数年ぶりに祖母の家へ足を運ぶと
親族全員が居間へ集まり
なにやら話し合いをしている。

ふと足元を見ると豪華なごちそうが・・・
どうやら飼い猫の餌のようだ。

叔父たちに挨拶すると
こっちへこいと言われ話の輪に無理やりまぜられる。

話を聞いていくうちに
どこかの宗教団体へ報復しにいく作戦を
たてていることがわかった。

なぜそんなに恨んでいるのかわからない・・・
しかし、時間がたつにつれ自分もだんだんと
復讐したい気持ちになっていった。

のどが渇いたので水を飲みに台所まで行くと
居間からの話し声が突然きこえなくなる

おかしいと思い戻るとそこは、もぬけの空

あわてて外へ出ると親族全員が車へ乗り込み
今まさに出発せんとしているところだった

急いで車の前へ行き
なんとか中へいれてもらうと

「お前も来てしまったか・・・」
と言われ、ついに車が走り出した・・・

しばらくして 具体的に何をするのか
尋ねると
「各自ひとりずつ持ち場へついてもらう」
とのこと

だから何をするの?と
もう一度訪ねると

「大丈夫 かならず大勢を殺すことができる。」


その後、何度問いただしても
一切答えてくれず、

しまいに親族たちは
わざとこちらの声が聞こえないように
大声をあげだしてしまった。

・各自一人一人が持ち場につく
・必ず大勢を殺せる
・飼い猫たちにあたえていた豪華な餌・・・

恐ろしい答えが頭に浮かび
今一度、問いかける

「生きて帰れるの・・・?」

すると親族たちは急にだまりこんでしまった。

恐ろしくなった自分は車から
出してくれ出してくれと叫んだが
それも叶わず親族たちに抑え込まれる

あまりに異常な事態で
気が狂いそうになった瞬間

ふと目が覚めた・・・

とても恐ろしい夢だった。

悪夢から急に目覚めるのは
電気でヒューズが飛ぶのと
同じことなのかもしれない
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。